確実に集客する方法|飲食店を経営する前にデータを集計しよう

アメニティ

ホテルや旅館の経営に

ホテルや旅館を経営するときにはアメニティグッズに注目することも大事です。アメニティグッズに力を入れることで、訪れたお客さんの評価も高くなり、それがリピーターにつながります。またホテルや旅館自体の印象も良くなります。

施術

施術院を始める前の準備

整骨院の開業前には、色々な準備や手続きが必要です。役所や各組織を通じて手続きをする時は、締め切りなどを把握して、遅れが出ないように工夫する必要があります。場所の選定や経済的な準備も、開業前に必須となる作業です。

レジ

効率よくレジ作業可能

ポスレジとはリアルタイムで売上をデータに反映させるシステムのことです。会計処理にかかる時間が大幅に短縮され、業務の効率化につながるというメリットがあります。それ以外にも、データ収集に役立てられる、入力間違いや不正の防止が可能などのメリットがあるのです。

データ活用と効果

お店

収益アップに必須

集客力が非常に高い人気飲食店は、テレビ番組や雑誌で取り上げられる機会が多く、同業者の目標となることもあります。洗練されたメニューから学ぶべき点は多々ありますが、おいしければ成功するとは限らないのが現代の飲食店です。飲食店経営を計画中または営業中の場合、人気店のメニューだけではなく、集客方法について検証してみると良いでしょう。人気店の多くはメニューを研究しつつ、現代的な道具を用いて、最も効果的な集客方法を導き出しているのです。人気店を比較してみた場合、共通しているのが自店データを蓄積している点で、特にPOSシステムの運用が広まっています。POSを代表とするネットワークシステムは、本店と支店または本社と店舗の双方で交信でき、ネットでつながっていればどこでもデータが呼び出せます。データ活用は個人経営のように店舗がひとつでも効果が得られ、会社の大きさで左右されない点が特徴です。例えばメニューごとに時間帯別で集計してみた場合、ランチ・ディナーでオーダー数の逆転は珍しいことではありません。オーダーの多い時間帯にメニューを絞ることで集客アップが期待でき、さらに廃棄ロス削減にもつなげられるでしょう。このように、データを使用した集客方法が注目されているのは、利益を守りつつ客のニーズに応えられるからです。データ活用は飲食店の集客に欠かせない方法といえますが、経営者側と現場をつなぐコミュニケーションツールの役割もあります。事実が数値化されたデータではっきりと確認でき、何らかの提案があるときは根拠となるのです。